おすすめ営業のコツ 会話、商談の状況を確認する

日課の散歩をしていると、川沿いのサイクリングロードで袋に一枚づつ入ったマスクが落ちていた。f:id:kuromaru7:20200810172827j:image

 

どうしようと思案していたが、そのマスクを

拾って持って帰りました。

案の定家族からは、大丈夫なの?とか

汚いんじゃないなどの意見で溢れていました。

 

でも、私は拾って持ち帰りました。賛否はあると思います。

でもこれが3ヶ月前ならどうしたろう〜と

はと思いました。きっとマスク不足の中だから

迷わずに拾ったかも...

人間は状況によって行動が変わるのだろうと

思いました。 どんな状況になろうとも確固た

る信念みたいなものが必要と気づく出来事でした。

 

商談や会話は上手になったけどなぜかお客様に

逃げられちゃうことありますよね。

 

なにを修正すればいいのだろうと悩んだ事多々あります。

その一つとして、お客様に今まで話した内容を

確認する事が大切です。

 

具体的には

 

営業:「この商品は〇〇でなんですけど

そして、あーだ こーだ…」

 

お客様:「考えときます」

 

というパターンがほとんどです。

 

確認パターンは

営業:「この商品は〇〇でなんですけど、

こちらでよろしかったですか?

(または、こちらのお話いたしましょうか?)

 

お客様:「そうですね。これは色はこれだけ?

 

営業:「色は白と紺です。…どちらがお好みです

か?

 

お客様:「白だね。 金額はどの位?

 

営業:「白を選ぶ方が増えてきましたね。

金額はグレードで違うのですが…

 

という感じでお客様に話す機会を与えて上げる

事ができます。

きっとここまでの話は立ち商談でしょう。

それを着座していただくのをゴールにすると

良い展開になってきますよ。

 

まとめると

お客様様に確認をして、商談の間を作ること

そしてお客様に話す機会を与えて、有利な

状況にいかにもっていくのかが成約の近道です。

 

 

最後まで読んで頂き感謝😊