おすすめ営業のコツ 考えておくねの分析

気配りのできる人って素敵ですよね。

相手の気持ちになって考えて行動出来ることが

気配りだと思います。

 

特に、悪い情報、迷惑になる情報ほど、早くわかりやすく伝えることが誠意があると思います。

それはお店でも企業でも同じですよね。

 

 

お客様と商談していると、必ず言われる事が

ありますよね。

 

お客様:「考えておくね...」

私も何回言われたか覚えてないです😅

 

考えておくねを分析することでお客様の本気度がわかります。そしてそれを確認する為のフレーズをお伝えしますね。

1.本当に考えてる

まさに字の如く考えている。一生考えておいて下さい😅

 

 

2.軽く断っている

優しい人、優柔不断な人、要らないものを買ってしまう人に多いです。

 

3.とりあえず考えておく

購入したい、興味はあるけど反射的に考えておくと 言ってしまっている。反射的とは、時間がないとか、一人では決められないなどなど

 

この3つに分類されますが、ほとんどの人が

2または3です。 この人たちがお客様です。

 

これを分類するフレーズは、

営業マン:「そうですよね。来週こちら方面に

同じ時間帯位でくるんですけど...」+「もし良かったら.....寄ってみましょうか😊」

 

+のところは間をあけてくださいね。(3秒我慢)

 

ほとんどの人が、私の方から連絡するからと

言うでしょう😅

でもその中に、来週の何曜日頃というお客様がいるというのも事実です。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

おすすめ営業のコツ ポジティブtime

心臓マッサージの研修を受けました。

はじめての事なので楽しみでした。

知らないとは怖いもので、

こんなに強くていいのか位に胸の真ん中を押します。一分間に100回から120回押します。

そうしているうちにAEDが届いてきたら、今度

は電気SHOCKをします。

そしてまた心臓マッサージをして、救急車を待

つという流れでした。

 

大変勉強になりました。なんでもやってみる事

が大切ですね。 

 

仕事をしていると、落ち込む時あります。

落ち込む理由は色々あります。

 

同期が売れて自分は売れない。

あと一歩で売れない。

アポが全然とれない。

お客様とのアポをなぜか忘れる。

お客様に怒られる。

クレームばかりくる。

上司とうまくいかない。

上司の話が理解できない。

凡ミスばかりする。

お客様との会話が噛み合わない。

 

あげればキリがありません。

壁に壁が来る感じありますよね。

 

一言こんな風に言ってみましょう。

 

「アポが取れないなあ〜でも嫌いじゃないね」

 

「お客様様との会話が噛み合わないなあ〜でも嫌いじゃないね」

 

「でも嫌いじゃないね」

 

 

と言ってみてください。不思議と少しスッとし

ますよ。

 

コツはそんな事が起きたらすぐ言ってみちゃい

ましょう。

言ったもん勝ちを作ってみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ営業のコツ 電話で少し好印象を残す

頭の中でなぜか たま〜に同じ曲が流れている

事ありませんか?!笑笑

仕事しながら、missing(久保田利伸)が流れて

いました。 歩きながら口ずさんでみたりして

も止まらない。

 

しかし、その事を友人に伝えて、歌ってみると

あら不思議、ピタっと止まりました。

 

そんな現象みなさんありませんか?😅

 

 

お電話でお客様に何かを伝えることビジネスの

世界ではたくさんあると思います。

そんな電話の時、〆の時どんな言葉をみなさん

チョイスしてますか?

 

何かお困り事ありましたら、お気軽にご連絡くださいね

 

と〆てみましょう。

ほんの少しでもお客様に好印象を残す努力を

しましょう。続ければ必ず良い事ありますよ。

 

 

「何かありましたらお電話下さいね」とお伝えしていたら勿体無いですね。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

おすすめ営業のコツ 目配りは気配り

あるチェーン店の蕎麦屋に行った。

とてもリーズナブルで美味しいです。

娘がざる蕎麦を食べたが、美味しかったらしく

お代わりした。

私もざる蕎麦だけでは足らずに、数分後

単品でミニかき揚げ丼を注文した。

 

すると、店長がやってきて、

セットにするとお得なので、それに変更しますね。と言ってくれた。

ここまで、よくある話だか、その後見ていると

食券の自販機を鍵で開けて取り消ししてくれている。

わざわざしてくれた。

 

嬉しいを通り越し、期待を超えるサービスとは

この事なのかもしれませんね。

お客様に目を配り、おもてなしをしている

気持ちがとても嬉しかった

また行きたくなる出来事でした。

 

 

お客様との商談の中で、自己満足な営業を

してしまう事があります。

例えば

流暢に説明できた。

お客様の質問に的確に答えた。

などなど

 

もちろん大切な事ですが、お客様との商談を

勝負みたいに勝ち負けにしてしまっている

営業マンは残念です。

 

お客様との論争はご法度ですよね。

論破してはいけません。

それを防ぐためのフレーズです。

「もし良かったら〇〇してもいいですか?」

〇〇には

 

ご説明

ご紹介

ご案内

お見積もり

お聞き

お尋ね

 

などなどのキーワードが入ります。

お客様に声をかける時、一度ご確認してくれた

ら良い印象を与える事ができます。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

 

 

 

おすすめ営業のコツ ひとつ

ある企業で3兆円の減損処理

またある企業で5000億の赤字予定

というニュースが出ていた。

もはやお金の規模感がわからない😅

 

ひとつ分かるのは

1円でも足らなければ3兆円にならない。

1円以上の価値を持つ現場の社員が頑張った

結果である事を忘れてはいけないと思う。

 

 

お客様の背中を押すクロージングでのフレーズ

です。

クロージングする時、営業マンにとっては

 

商談が駄目になったらどうしようとか

嫌われないかなとか

お客様に引かれないかなとか

などなど

緊張してしまう瞬間だと思います。

 

そんな時にかる〜く

「ひとつ、やってみますか?」

とか

「ひとつ、しておくのもいいですよね」

 

とクロージングしてみましょう。

これをして、お客様からその商品についての

質問や疑問が出て来れば、お客様の購入への

真剣度がわかります。

 

お客様の警戒心レベルで言い回しは使い分ける

のが良いと思います。

 

まとめると

 

クロージングとは

営業マンの真剣に伝えた結果を聞くための行為と認識しましょう。

 

いつまでも仲良く雑談してるだけでは、

言い方はキツいですが、お客様のためにも

なりません。

答えはお客様が持っています。その答えを聞くのがクロージングです。

 

最後まで読んで頂き感謝

おすすめ営業のコツ 平凡の極意

あるテレビ番組で響いてしまった。

バスの運転手さんの話だった。

その人は平凡という言葉が好きとのことだった。

 

 

平凡は難しい。その日は二度とこないのだから

その日に自分のできる事ができたら輝けて嬉し

いと

地道にコツコツしていると誰かが見ていてくれる。

 

それが平凡な事だと思って

仕事に向かう姿勢がとてもカッコいいです。

 

営業でも、何かを続けるのは大変なことです。

 

こんな目標を掲げてる人、会社はもうおわたです。

毎日5件訪問する。

日商談できるアポ3件つくる

毎日見積もりをお客様に出す。

毎日契約をとる

 

などなど

こんなの続きません。

 

毎日続けられる目標を自分なりに持ちましょう

 

簡単です。

 

毎日鏡の前で笑う または

毎日営業の手紙を1通だす または

毎日15分歩く

毎日日記を書く

などなど

 

毎日できるがポイントです。

続ける事の大変さと継続の力が身に付きます

毎日続けられる事ひとつできると自信になります。

毎日続けられれば何でも良いです

ただし自分が意識してできる何かでないと

意味はありませんから

😅

 

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

おすすめ営業のコツ 脱スランプ

久しぶりの飲み会行ってきました。

飲み会にも リラックスする飲み会や

勉強になる飲み会があります。

 

勉強になる飲み会は、新しい知識や情報を

学べた時、嬉しいですよね。

 

とても楽しく実りある時間でした。

 

しかし繁華街はかなり閑散としていたなあ〜

人が出ない日々はいつまでつづくのか😱

 

営業をしていて、仕事していて、生活をしてい

て、友人と話していて、遊んでいて、

なぜだか上手くいかない、しっくりこない

そんな事あると思います。

特に仕事が上手くいかない時は、最低最悪で

何をやってもダメなんて時ありますよね。

 

そんな時、自分の頑張りが足らないとか、

運が悪いとか色々な事ききますが、

当の本人は早くスランプから抜けたい一心だと

思います。そしてそれが続いてしまうと、心折

れてしまうなんてことに

 

そうならないようにする為の、フレーズです。

 

「何か手伝える事ありますか?」です。

 

スランプの時は、特に自分のやるべき事が

わからなくなります。 そんな時は思い切って

他人の仕事を手伝ってあげましょう。

なんでそんな事をと思うかもしれませんが、

営業マンは仕事を自分で作るのが仕事です。

わかっていても何をすればとなってしまう前に

他人の仕事を助けてあげてみるのです。

 

手伝うということはやる事が決まっているから

その作業に集中できます。

そしてそれを完結した時、達成感を味わえるのが1番の魅力です。

それを味わう事で、面白さや楽しさ、冷静さを

取り戻す事ができますよ。

 

物は試しで、お手伝いしてみてください。

相手も自分もハッピーになり、思わぬ発見も

あるかもしれません。

 

最後まで読んで頂き感謝😊