おすすめ営業のコツ 引きのトークとは

年末はなんだかあわただしいですよね。

そんな中、自分の仕事を淡々としていると

 

仕事の終了前に一本の電話が鳴った。

 

私の扶養手当の監査についてだった。

 

妻との収入比較から扶養手当を返してくれと

言われました😭😭😭

 

ほげーーーーーーー

 

っと 

 

こんな言葉が本当に出るんだなあ〜と

思いました。

返す金額はきついきつい給料1ヶ月分です。

😨😨😨

 

 

 

営業はお客様への押し引きが大切と言われることがあります。

押しのトークが光るためには引きのトーク

どうやって話すかが重要になります。

 

引きのトーク....

なんとなく分かるような、分からないような

 

一言でいえば

 

弱いところを見せられるかどうか

 

という事です。

 

例えば

 

階段上ってきたら、息切れしてしまいました

 

おとといは子供とケンカして😅

 

昨日はお酒少し飲みすぎて

 

みなさん考えるといいますね

 

電話するからと言われて、かかってこないんです😅

 

などなど

 

このフレーズはいつ使うかは、その商談の

雰囲気やタイミング、そして営業マンのキャラや性格があると思います。

 

引きのトークが使えると

お客様を誘導するのに効果抜群です。

 

難しいですけど使える場面を見つけてみましょう。

 

最後まで読んで頂き感謝😊