おすすめ時々難しいことば使う

洗濯物も多いのと少ないのでは洗う手間が

違いますよね。やはり少ない方が洗濯完了まで

早いしすぐ干せます。それとこまめに洗濯する

事で習慣ととなり苦にならなくもなります。

すぐやる事は良いことにつながる事が多い

ですね😊

 

営業では難しい言葉を使うないのが

王道です。難しい言葉を使うとほとんどが

営業マンの自己満足で終わってしまいます。

しかし、商談の強弱をつけるのには良い時

があります。要はお客様を飽きさせない為に

ただし、その言葉はあからさまのものでは

いけません。

 

例えば

営業マン:この商品はコストパフォーマンスが良くてしかもイニシャルコストも良いんです。

みたいに、さもげに上から目線で話すのは御法

度です。

じゃあどうするか、例えば保険なら 

責任開始日が〇〇とか

効力発生日が〇〇

払い済みが〇〇で

などなど、チョとだけ専門用語を入れます

その時にお客様の目を見て3秒位間をとってか

ら、その専門用語について解説してみましょ

う。

お客様:「あ〜なるほど、そういうことね

じゃあ、こういう場合は...」

とか

「そうすると私の場合は...」

と言うふうに質問を促すことができます。

仕事仲間と会話するチョとだけ専門用語を

商談に取り入れると面白いですよ。

 

ある程度の知識は必ず必要ですが、

事細かには必要ないと思います。ただし、

その知識がどこに書いてあり、どこに聞けばよいのかは分かっていないといけません。

営業マンは広く浅く知っておく必要があります

特に必要なのは今現在の流行です。

金融、洋服、食べ物、などなどトピックスを

お客様に投げかけます。

営業マン:「マイナポイントがあるみたいです

ね」

お客様:「えっ? なにそれ」

マイナポイントです。

 

さて、マイナポイントとは次に来るキャシュレ

スです。詳細は分かりませんがマイナンバーカ

ード使うみたいです。マイナンバーの普及に

繋がりますね。そして、マイナンバーが浸透

して喜ぶのは国です。

なぜなら...

と言う風に営業の話の呼び水になります。

どんな事からも営業につなげていけると

楽しいですよね。

 

最後まで読んで頂き感謝。