おすすめ デメリット話してみる

久しぶりに仕事をした。まあ〜書類やら何やら

あるある。しかし仕事があるという事に感謝し

なければならない。限られてはいるが...

 

ちょとだけ顔を知ってるいる人とかいますよね。そんな時はこちらから話しかけてみると

会話が弾むこと多いですよね。

相手も待っていてくれますね。

 

 

お客様に「そんな言い事ばかりいって」

と指摘される事あると思います。

そんな時、みなさんはどうしてますか?

 

デメリットを、いった方が良いかとか

いつ言えばいいかわからない時ありますよね。

 

私は、商談の中で二つメリットを言ったら

一つはデメリットを、伝えるようにしていま

す。そうする事で信憑性が増してきます。

 

但し、メリットを十分に理解して頂いたら

伝えるようにしましょう。お客様がうなづいているとか、話を聞いてくれているそぶりがない時に、デメリットを言うとその印象しか残りま

せん。

 

慣れないうちは、デメリットをこちらから話す

のではなく、

 

お客様から「良いことばかりいって」とお客様

にあえて言わせて

 

営業:「と言いますと...」

 

お客様:「〇〇の時はどうなの?」

 

と質問を引き出すようにするといいでしょう

 

営業:「よくお客様から聞かれます」と

答えて共感を得るような展開をすると良いです。

 

まとめると、デメリットは話した方が良いですがタイミングを考える事が必要です。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

おすすめ 優しく心配の法則

自動車保険の更新が来ました。

別の保険会社に乗り換えようと思う。

比べてみても、わかりづらく、結局金額で

比べるだけになる。

やはり内容など価値がわからないと金額で

検討になりますね。

 

お客様との警戒心をどのように解けば良いかを、つかめない、または解らないという

時に何をすれば一番効果的なのか悩んだことあると思います。

 

実際、私もお客様と早く仲良くならなくては、とか 気の利いたギャグなどをと

思い、さんざん失敗しました。

 

どうすれば良いか、それはお客様を優しく心配してあげる事です

 

f:id:kuromaru7:20200322113528j:plain

例えばフレーズとしては

入院は5日以上しないとでないようになってますね

 

お子さんで積み立ての金額違いますね。

 

最近保険の話は何か聞きましたか?

 

検討するとたくさん保険ありますから難しいですよね。

 

保険屋さんにお知り合いいますか?

 

日帰りの手術多いみたいですね。

 

お知り合いで入院した人いらしゃいませんか?

 

などなど、お客様を心配するフレーズは沢山あります。

 

但し、あくまでも優しく触れる感じで言ってあげてください。

売り込みでなく心配をすることで、お客様は教えてくれたと

思ったら警戒心が必ず解けますよ。

 

 

最後まで読んで頂き感謝。

 

 

 

 

おすすめ 振り返り 頑張るとは

大好きなドラマ 半○直樹が後2日に始まる。

観ていて兎に角痛快で気持ちが良いですね。

なぜ好きなのか考えると主人公のように真っ直ぐに生きて行くこと、そしてその仕事が好きな事、その職務に理論と度胸を持ち合わせている

事、どんな状況でも、焦らず、何が出来るかを

スピードを持って実行するなどなど、切りがな

い。 脇を固める人たちも主人公を引き立てる

事でさらに輝きを増している。

 

今から日曜日が待ち遠しいです。

 

 

今日は誕生日です。46歳になり人生の折り返し

を過ぎたなあと思います。

今後は自分の興味のある事に前向きに焦らず

頑張りたいです。

仕事、子育て、趣味、などなどやりたい事、やらなければならない事たくさんあるし

 

 

頑張るってなんだろう〜と思った。

私の中で 頑張ります というのが嫌いだった

もっと具体的に何をどうするか言えばいいのに

と...

頑張った先に何があるんだろう〜

今まで頑張ったのに、とんでもない結末の方が

多いし などなど思った。

きっと今までの頑張るは、人に認められる喜びやお金をたくさん稼ぎたい と思っていた。

 

今でもそんな感じがまだまだある。

 

目の前の事に集中して頑張る。その結果

輝けたら最高です。

今はそう思う。

考え方は変わるかもしれないがそう思って

います。

良いことがあれば悪いこともある。その振り幅が大きければ大きいほど反動はあるのだと

思う。

 

最後までまとまらず、読んで頂き感謝。

 

おすすめ NEWテレアポ+α

雨が止んでいる。そして晴れて来ました。

降っているときは 嫌だなあ〜と思い、晴れた

らなんだか清々しい気持ちになる。

止まない雨は無いと言うが、言い換えると時間

で人の気持ちも変わる日がきっと来ると

今はそう思います。

 

9日ぶりのブログです。色々な経験をしてました。人間生きていくのは旅ですね。

 

 

今後のテレアポは少し考え方を変えなければ

ならない。

 

以前はアポを取りお客様に会うというのが主流

だったが、これからは、電話を掛けてお客様

自身に選んでもらうということになるだろう。

 

お客様に会うことが前提のアポからお客様に

動いてもらうにはどうするかが肝になる。

 

それは、訪問するのか、誘致するのか、リモートなのかお客様選択してもらう。

でも、依然として少しだけお客様の背中を押す

スキルは必要と思う。

 

テレアポで+αのフレーズは、

「コロナ対策のため、恐縮ながら、訪問、ご来場、リモートを選んで頂きたいのですが...」

 

「恐縮ながら三密をさけるため...」

 

など会わなくても手続きが出来るような事を

示す事でお客様の安心感を担保しなければ

ならない。

その上で必要なニーズまたは、お客様にどう気付いてもらうかがポイントになる。

要はお客様から質問を受ける事ができるかどうかだ

 

コロナ対策のため訪問は難しいとしながらも、

訪問する事も可能ですと電話での会話がなれば

成功です。

 

コロナ対策をアポの段階でいわなければ、

お客様に簡単にコロナだから会えないと

断り文句を言われてしまう世の中になったと

いう事をまずは理解した方が良いと思う。

 

そのために何をするか、何があれば今後の

NEW normalに 役に立つお知らせなのか

を常に考える事が大切です。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

おすすめ きっかけ作りは少し待つべし

忙しいような、忙しくないような😅

そんなことって ないと思っていたが、

有るんですね。やる事はわかっているけど、

やれない、そんな時は、目の前の事、ハナ先の

事があるのか考えてみると良いと思う。

それを考えているうちに心の焦りが少しずつ

薄くなります。

 

話すのが苦手なんです〜と言う人少なくないと

思います。何を話していいかわからない、

お客様がどんな性格かわからない、話すのが

恥ずかしいなどなど

そんな壁にぶつかる事ありますよね。

 

色々な知識を身につけないととか、本を読まないととか、もっと経験が必要などなど言う

人もいるでしょう。

 

営業に経験はいりません。あってもあまり役に

立たないし時にはそれが邪魔をしたり

 

会話の時に、なにが必要か

 

それは、「きっかけ」です。

 

例えば、

今日は天気いいですね〜

 

今日は風が強いですね〜

 

今日は暑いですね〜

 

プラスお客様の顔を軽くみて2秒待ちましょう。

ほんとね〜とか 昨日より暑いね〜

何か言ってくれます。

 

この繰り返しが会話と自然となりますよ。

 

話したら少し待ってあげましょう。

 

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

 

おすすめ 営業マンは伝道師であれ

コロナの次は豪雨災害が来た。災難は待ってくれないですね。そんな時は堪えるしか方法は

ないのだろうかと考えてしまいます。

なぜか良いことは連チャンしないし😭

とりあえず心を鍛えます。

 

 

営業マンの仕事は?と聞くと

「契約を取ってくる」と答えるひとが多いです

11年前の私も同じでした。

 

間違いではないですしその通りと思います。

 

しかし

できる営業マンに聞くと

 

お客様にお伝えすること

自分の経験を通してお客様に商品をお伝えすること

ご利用しているお客様の感想をお伝えしにいく

答えるひとが多いです。

 

彼らは契約を取ることより前に

必ずしなければいけないことが分かっている

のです。

契約取る前に何が必要で お伝えする前に

何が必要かを常に考えている人が

 

できる営業マンだと思います。

 

1番大切な事は、

お客様に聴いてもらう耳を作るという事です。

 

これが営業の仕事と思います。

その為に色々な事を試して、繰り返し、失敗して、そしてまた失敗して、たまに成功しての

繰り返しです。

 

営業の仕事を自分自身はどう思うのか、

一度考えてみると見えてくるものがあります。

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

 

 

おすすめ 信頼を継続する

キャッシュレスがまた賑わいをしつつある。

マイナポイントと抱き合わせてTVやネットで

騒いでいる。

乗り遅れないようにしたいです。 

マイナンバーカードネットで申請してまだきませんけど😅

 

アフターコロナやNEW NOMALと横文字の中

営業手法や企業での働き方など見直されている

が、変わらないは 信頼関係である。

 

営業マンは売ってしまうとそれきり、となって

しまう気持ちはわからないでもないが、

売ったら終わりの営業は大変危険である。

 

なぜなら、昨日良いお客様が2、3日で

急にクレーマーになってしまう事がある。

最近は顧客満足やら、顧客保護などお客様が

強くなりクレームが増えてきた。

何かの行き違いや、家族に言われて、友人に

言われて、こんなのなんで買ったんだと

怒られて挙句は営業マンが悪いことになり

クレームに発展してしまう。

 

これを回避するためにも、お客様に

アフターフォローは必須のスキルとなる。

3日以内にお礼状やお礼の電話、訪問など

する事に全力を注いだ方が良い。

せっかくのお客様がクレーマーにならない

為に その後を確認しといておくのも

営業マン必須の仕事である。

 

「〇〇の部分気にする方多いのですが、大丈夫

ですか?」

とお声をかけましょう。

お客様はきっとこう言いますよ。

ちょうど良かった実はここの部分は...

などなど言って感謝されます。

 

そしてその先に「ご紹介」がたまについてくるのです。

 

最後まで読んで頂き感謝