おすすめ コロナ禍でのフレーズ

無人販売が急騰している

設備投資 人件費を掛けられないから苦肉の策

でやってみると 売り上げが2倍以上

餃子、焼き鳥、ケーキなどなど

コロナ禍でなければ積極的に生まれない発想です。

お客様は気軽だし、人に会わないし、低価格

 

ニューノーマルの、はしりですね。

 

今何がトレンドかアンテナ張っていきましょう

 

 

コロナ禍により何もかもがコロナが原因でダメ

なっている。

営業の商談や仕事の予定、旅行予約、遊びなど

簡単にコロナの為に約束が破られる。

しかしこれは仕方のない事なのかもしれない。

もはや、それが当たり前となっているし、

人の本質が出ている状況だと思う。

ある時は、コロナだからダメ

ある時は、コロナだけどokみたいに、

都合よく使われてしまいがちだ。

 

このポイントを抑えた上で、我々営業マンは

どうすれば良いか?!

 

お客様に選んでもらうフレーズを積極的に

さらに使うべきだと思う。

 

それは、簡単に言えば言いづらい事を営業マン

から発信すると言うことです。

 

例えば、

営業マン:「お伺いしてもいいですし、郵送で

資料送れます。 どちらにしますか?」

 

営業マン:「本日申し込みでも良いですし、

考えてからご連絡頂いても良いです。」

 

営業マン:「するしない別で、話を聞いて頂いても良いですし、ネットでも確認もできます。

どちらでも...」

 

すべてその後に「コロナ禍なので...」

 

と言う風にしてみて下さい。

 

7人のお客様にアプローチすると一人位は

良い方向返事をしてくれるお客様が必ずいます

よ。

 

最後まで読んで頂き感謝😊