おすすめ営業のコツ 考えておくねの分析

気配りのできる人って素敵ですよね。

相手の気持ちになって考えて行動出来ることが

気配りだと思います。

 

特に、悪い情報、迷惑になる情報ほど、早くわかりやすく伝えることが誠意があると思います。

それはお店でも企業でも同じですよね。

 

 

お客様と商談していると、必ず言われる事が

ありますよね。

 

お客様:「考えておくね...」

私も何回言われたか覚えてないです😅

 

考えておくねを分析することでお客様の本気度がわかります。そしてそれを確認する為のフレーズをお伝えしますね。

1.本当に考えてる

まさに字の如く考えている。一生考えておいて下さい😅

 

 

2.軽く断っている

優しい人、優柔不断な人、要らないものを買ってしまう人に多いです。

 

3.とりあえず考えておく

購入したい、興味はあるけど反射的に考えておくと 言ってしまっている。反射的とは、時間がないとか、一人では決められないなどなど

 

この3つに分類されますが、ほとんどの人が

2または3です。 この人たちがお客様です。

 

これを分類するフレーズは、

営業マン:「そうですよね。来週こちら方面に

同じ時間帯位でくるんですけど...」+「もし良かったら.....寄ってみましょうか😊」

 

+のところは間をあけてくださいね。(3秒我慢)

 

ほとんどの人が、私の方から連絡するからと

言うでしょう😅

でもその中に、来週の何曜日頃というお客様がいるというのも事実です。

 

最後まで読んで頂き感謝😊