おすすめ営業のコツ お茶菓子のもらい方

お寺に行くと、そこには蓮の花が咲いていました。7月中旬~8月中旬に見頃を迎えるそうです。 ハスの花は短命で、花びらが開きはじめてから3~4日で散ってしまいます。

また、午前中に咲いた花は午後には閉じてしまいます。 

 

f:id:kuromaru7:20200823162226j:plain

この時期は珍しいとのことだった。

 

ひょんなことで人間は、嬉しかったり

元気になれたりするんだなと感じました。

自分自身の受け取り方が大切なのかも知れないですね。

 

 

お客様宅に訪問したときに時々お茶菓子を頂くことあります。

この時頂き方ひとつでお客様のハートを掴むことができますよ。

飲み物やもなか、あめ、お煎餅などなどいろいろありますよね。

 

これを普通にもらってしまうのはもったいないです。

例えば

営業マン:「ありがとうございます。このお煎餅美味しいですよね」

お客様:「そうなのよ。私も好きで・・・」

 

営業マン:「わぁ~ これ好きなんです~」

お客様:「そうなの 私も好きでさ」

 

営業マン:「これ! 好物なんです。 甘さが優しいですよね」

お客様:「そうなのよ。優しいよね」

 

などと頂いたお菓子を少し具体的に褒めて上げてください。

 

これにより、お客様は褒められた喜びと、同じものが好きなんだという

共感が生まれてきます。

 

まとめると

 

お客様はお菓子を出すとき気に入ってくれるかな?と少なからず思って

います。そこにしっかりと応えてあげる事で、警戒心が解けはじめる

きっかけになります。

気づいてあげるとはその繰り返しです。

 

簡単ですからよかったら試してくださいね。

 

 

最後まで読んで頂き感謝。