おすすめ 小さなYESから

雨がどしゃ降りです。日課の散歩が出来ない。

思案した結果、とりあえずあるモールに行き

遅めの朝飯となりました。雨はバンバン強くな

なりモールへ向かって運転していると、

「そうだ! モールの中を歩こう」となりまし

た。そうと決まれば、コテコテのラーメンを食

べ、運動への意欲を食欲で満たし歩かなければ

ならない状況をつくりました。

ピンチはチャンスですね。😊

 

お客様の警戒心を解く上で、小さなYESを、積

み上げていくことは必須ですね。

断りづらくない質問やお願いをしていくことで

す。

 

例えば

個人的な情報をとっていくの少し聞きづらいですよね。

そんな時は枕詞を入れてください。

 

営業: より良いご提案をするのにもし良かったらお聞かせ下さい。

パターン1

営業: 恐縮ながらご兄弟は?

お客様:えーと 三人です

営業: お兄さまが?

お客様:兄が2人います

営業:頼もしいですね

パターン2

営業:より良いご提案をするのにもし良かったらお聞かせ下さい。

 

営業:お休みの日はどんな風に過ごすことが多い

ですか?

お客様:出かける事が多いです。

営業:お買い物?ですか

お客様:良くアウトレット行きますね

営業:それはいいですね

 

営業:より良いご提案をするのにもし良かったらお聞かせ下さい。

 

営業:恐縮ながら現在のお仕事は何年お勤めですか?

とか

営業:恐縮ながら現在のご年収は?

 

などなど段々と聞きづらい話にステップアップ

していきます。

そしてその際必ずするのは最後は褒める形で

閉めてくださいね。

 

まとめると

枕詞+ちょっと聞きづらい質問+褒める

でお客様との距離と必要な情報をGETできます

 

最後まで読んで頂き感謝