おすすめ 営業メールやお手紙の注意点

ゴルフに久しぶりに行ってきました。

広々したコースと小鳥のさえずりは大変気持ち

が良いですね。あとはボールがしっかり飛んで

くれたら申し分ないのですが...

ちーんって感じでスコアは散々でした。

ゴルフは再現性のスポーツと聞きました。

色んな点を注意してスイングすると何かを忘れ

てダメダメになる。あれもこれも取り入れてい

るとすべてが崩れてしまう。一つの事をある程

度集中して反復する大切さなのかもですね。

 

 

お手紙やメールなど文章でのやりとりはお客様の表情や

声、状況などなにもわかりません。

 

丁寧な文面を心掛けることが大切です。

 

それはどういうことか

1.誰がみても内容がわかる

2.謙虚な気持ちの文言をいれる

3.お客様がどう感じるかを思って書く

 

という事です。

 

1はいつ、だれが、何のことをお知らせするか

 

2.謙虚な文言は「恐縮ながら〜」や「お忙しいところ〜」などなど

 

3.受け取ったお客様がほっこりした気持ちや

嬉しくなるような

 

この3つを押さえてどんどんお客様にお手紙や

メールでのアプローチをしてみましょう。

 

必ず良い展開が生まれてきますよ😊

 

最後まで読んで頂き感謝。