おすすめ 聞きづらい事サラリと聞くフレーズ

新しい生活様式とTVでいっています。

これだけコロナが蔓延してるいる中、日本の

風土として自粛しないのは悪感が出て来ていま

すね。

新しい生活様式にを受け入れる為には

既存の考え方をガラリと変えなければならな

い。そこにまた抵抗する何かが出てくるでし

ょう。出来ない理由を言ってくる得意な人いま

すからね。

考え方を変えてコロナと共存する道....

パラダイムシフトする時が来てますね。

難しく書いてみました笑笑。

 

営業をしている上で聞きづらい事を聞かないと

いけない場面ありますよね。そんな時は

 

初めて伺うのでお聞きするのですが....

 

と前置きを入れます。

またお客様にとって何故それを聞くのみたいな

事柄の時にも有効ですし、まだ少し警戒心が

溶けてない時も良いと思います。

 

例えば

 

営業:「初めて伺うのでお聞きするのですが

ご家族は何人いらしゃるのですか?」

 

とか

 

一度そのフレーズを使ったら その後は

 

営業「恐縮ながらお聞きするのですがご結婚は

されているのですか?」

 

こんな形で聞きづらいことを聞いちゃいましょ

う😊

 

但しあまり使い過ぎると質問攻めになるので

気をつけて下さいね。

 

最後まで読んで頂き感謝。

 

ご質問、感想などお気軽にコメント頂けれ

ば幸いです😊