営業外伝 旅

長女と旅をした。

遠方の大学にいるため、コロナ禍の時だが

思い切って旅をした。

その理由は長女が今月二十歳となり、父として

の自分の想いを知って欲しく、今を逃したら

いけないような気がした為だ。

 

ところがなぜか、その想いをうまく伝えられた

か、長女の考えを聞き理解したのか、お酒に

呑まれあまり良く覚えていない。

 

分かったのは、親子とは意外に一つの空間に

一緒にいれば、想いは伝わるような気がする。

なぜなら、赤ちゃんから18歳まで同じ釜の飯

を食べて過ごしてきた。

それでいいのかもしれない😊

 

今回の旅で気づいたことは他にもある。

やはり都会は電車が足だということだ

電車を降りて5分も歩けばモールやらお店が

沢山ある。これは便利だしスマートだ。

ただ反面、物価が高い、そして何よりiQOS

すら、外では決まった場所以外吸えない。

 

喫煙所を探すのも一苦労だ。喫煙所のアプリが

あるのも納得した。

地方なら外で一服など当たり前だか、都会は

そうはいかない。なぜなら人口が多く、人の目

と言うものがある。

住みにくいなあ〜と思ってしまった。

 

しかしそれを除けば、最高です。

 

全てを完璧にはできない、満足はできない。

 

なんだか、営業に当てはまることがあるような

気がした。

 

何事も腹八分目がいいのかもですね😊

 

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

 

おすすめ営業のコツ 引きのトークとは

年末はなんだかあわただしいですよね。

そんな中、自分の仕事を淡々としていると

 

仕事の終了前に一本の電話が鳴った。

 

私の扶養手当の監査についてだった。

 

妻との収入比較から扶養手当を返してくれと

言われました😭😭😭

 

ほげーーーーーーー

 

っと 

 

こんな言葉が本当に出るんだなあ〜と

思いました。

返す金額はきついきつい給料1ヶ月分です。

😨😨😨

 

 

 

営業はお客様への押し引きが大切と言われることがあります。

押しのトークが光るためには引きのトーク

どうやって話すかが重要になります。

 

引きのトーク....

なんとなく分かるような、分からないような

 

一言でいえば

 

弱いところを見せられるかどうか

 

という事です。

 

例えば

 

階段上ってきたら、息切れしてしまいました

 

おとといは子供とケンカして😅

 

昨日はお酒少し飲みすぎて

 

みなさん考えるといいますね

 

電話するからと言われて、かかってこないんです😅

 

などなど

 

このフレーズはいつ使うかは、その商談の

雰囲気やタイミング、そして営業マンのキャラや性格があると思います。

 

引きのトークが使えると

お客様を誘導するのに効果抜群です。

 

難しいですけど使える場面を見つけてみましょう。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

おすすめ営業のコツ 営業マンにならない!

髪の毛を刈ろうとしました。

私は普段 丸坊主にしています。

アタッチメントをつけ忘れ、ほぼほぼ和尚に

なりました笑笑

 

 

営業マンは営業マンになってはいけない。

何をいっているんだと思うかもしれません

営業を続けていると売りたい営業マン化してしまいます。

 

つまり売りのトークだけ上手くなって売れなくなるということです。

立板に水のように、営業トークだけは上達し

最初の方は好調だったのに、だんだんと売れなくなる。

 

そして、だんだんと 

こんなはずではなかった

自分はこの仕事に向いてない

つまらない

 

となっていきます。

 

なんか調子悪いなあ〜と思ってきたら

営業マン化しているんではないかと

1番最初に思い出してください。

 

お客様の話を聞いて、それを可能な限り答える

といいですね。

 

お客様がもし、話してくれないとか質問ない

ならば しっかりとお辞儀をして

「差し支えなければ、何かご心配なことあれば

教えてください」とお伝えしましょう。

 

営業マンではなく、お手伝いさんでいいのです。 それが売れる近道なのですから😊

 

最初まで読んで頂き感謝

 

 

営業外伝    お客様を覚えている

父が車を処分したいと申し出あった。

8年位前に私が利用させてもらった中古車買取業者さんいたなあ〜と想いだし、スマホで調べてみるとまだ商売を続けていた。

少しドキドキしながら電話をし、名前と8年くらい前に伝えると、

「覚えております 〇〇の車種を買わせて頂きました。ありがとうございました」

と言われた。

 

😊感動した

 

お客様を大切にするというのは、こういう事なのかもしれない。と思った。

だから今まで商売を続けて来れているんだなと

 

私もそうなりたいと思った。

 

また依頼があるかわからないお客様でも、

その一瞬一瞬を丁寧に真剣に対応できるのが

一流。そしてその対応の記憶を瞬時に思い出す

ことのできるのが超一流のスキルだと思いました。

 

お客様を大切にするというのは、奥が深い。

営業とは心底おもしろいものだと気づかせて

くれた事に感謝😊

 

ありがとうごさいます。

 

追伸 自分がこれは凄いと感じた出来事を

ときどき営業外伝として発信していきます。

 

 

最後まで読んで頂き感謝。

 

おすすめ営業のコツ 選択を与えてみる

駅を降りるとタクシーの,運転者が後方ドアを開けて立っていた。おもてなしの心だ

ちょっとしたことだが、ファンになりますね

見習いたいと思いました。

 

コロナ禍の為、私も電話のアポをしています。

まぁ〜これが、電話かけても繋がらない。

そして、繋がったと思えば

アポがとれないとれない。

 

こんな状況だと、電話アポを嫌になります。

そのうちに、電話をかけるのが嫌になり、

俺は営業が向いてないと思ってしまうものです

 

そんな時は、電話の話法の切り口を変えてみます。

 

会おうとするのでは無く、こんな風に言います

「皆さんにお聞きしているのですが、

お伺いして、資料お渡しするか、コロナ禍なの

で郵送どちらがよろしいですか?」と

 

嫌味なく90%のお客様が郵送 と答えます。

 

ただし残りの10%のお客様はどんな答えがでるか?!

試してみると面白いですよ。

 

楽しんで営業できるのも能力ですから😊

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ営業のコツ 話す時の立つ位置

久しぶりに高校時代の友人達と酒を酌み交わした。

楽しかった。

嬉しかった。

心地よかった。

こんな感情が出てくるのは、どうしてだろうと

ふと思った。

 

人は自分の事をただ単に聞いてもらいたいという欲求があると思いました。

聞いてもらったり、聞いたりすることで、

自分に体験してないことも共有共感してくれる。

 

 

友がいる事に感謝😊

 

お客様と商談をする時に、立ち位置や座る位置は重要です。

意識していない営業マンは多いですが、これを

気をつけることで、お客様の警戒心が少し溶け

ていると感じられます。

 

それでは、どうするか!?

それは

 

お客様に対して左側に陣取る。

それだけで、お客様の警戒心が薄らぎます。

 

営業マンの心臓🫀をみせる形で商談しましょう

 

なぜか、不思議とお客様は安心してくれますよ

 

簡単ですから意識してやってみましょう。 

 

お客様の警戒心を解くのは、さまざまなことの

積み重ねです。これをすれば絶対はありませ

ん。

それでも、やるのとやらないのでは確実に

違いますよ。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

おすすめ営業のコツ 褒めるとは

ある人がいいました。

人を怒るのは簡単だけど、褒めるのは難しい

 

その通りだと思います。

 

人の良いことを見つけて気づいて褒めてあげる

 

そういう人になりたいですね😊

 

人は褒められたら嬉しいですよね。

みんなそう思っているのになかなかできない。

なぜなんでしょう!?

 

ひとつには恥ずかしいとか、そう言ったら失礼

とかよぎるのだと思います。

 

褒めることで、自分も相手も前向きになれる。

それは事実です。

 

でも、なぜかできない事が多いです。

なぜできないかを考えるより、

 

まずは褒めましょう😊

 

きっといい気分になれますよ

 

 

最後まで読んで頂き感謝