おすすめ営業のコツ なんとなく質問は

結婚式はいいものです。

すべてのことを許してくれる、そして気持ちを

おおらかにしてくれる。

 

なぜなんでしょうね!?

応援したくなるからでしょうか😊

 

お祝い事は素晴らしいですね

 

 

質問力について連日書いてます。

 

良い質問は聞かれた相手が答えを出しやすい質問をするという事です。

 

例えば

 

NGな質問は

「どうすれば売れますか?」

 

GOODは

「売るときにどんな事に気をつけてますか?」

 

という感じです。

 

シンプルすぎる質問は相手にとっては

答えづらいと思われてしまいます。

そして、何も考えずに質問はおバカちゃんと

取られてしまいます。

シンプルな質問に少しだけ色をつける癖を

つけましょう。

相手は質問を返しやすくなり、本音が少しづつ

でてきますよ。

そうすると、警戒心も溶けてきます。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

 

おすすめ営業のコツ 質問力

久しぶりに仕事中にお昼を外食しました。

すごく新鮮な気持ちで食べました。

唐揚げ丼をほおばる幸せ感。

普通のことが当たり前にできるというのは、

なんて素晴らしいことなのかと

改めて気付かされました。

 

 

 

お客様を知る上で大切なのは情報です。

 

情報は待っていたのでは取れません。

 

聞きたいことは聞かないと取れないということ

この事をしっかりと理解したほうが良い。

聞きたい事をストレートに伝えても、お客様は

核になる部分は教えてくれません。

警戒心を解いて、なぜ それを聞くか大義名分

を伝えないといけません。

 

そんな時に使えるフレーズです。

「大切な事なので、お聞きしますが...」

 

です。

 

これをつけてから、聞きたい質問をなげかけて

あげると、お客様は教えてくれることが

多いです。

 

特に聞きづらいことや、警戒心が解けてないお

客様に効果的です。

 

そして、お客様から 「なぜ?」という反応ならば、しっかりとお聞きした理由を話してあげれば、必ず教えてくれますよ。

 

番外編で、「初めて伺ったのでお聞きしますが」も意外と使えます。

 

簡単です、一度使ってみてくださいね。

 

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

 

おすすめ営業のコツ 質問前の最初の一言

クリーニング屋さんにいった。

女性店員さんがおもむろに、

「今日は月曜日なんで、 ゲッツ! とお願いしま〜す」

私もおもむろに 「せーの ゲッツ!」

 

そしたら割引券をいただきました。

 

言う方も、やる方も勇気いりますよね笑笑

でも、言ってみないとわからないし

やってみないとわからないです。

 

 

お客様に営業のオープニングで切り込む時

最初の一言に躊躇してしまうことありませんか?

 

そんな時はこのフレーズです。

 

質問のときは 

 

ひとつお聞きしてもよろしいですか?

 

と伝えます。

 

お客様は必ず「な〜に」と答えてくれますよ

優しく丁寧に言ってあげることで確率は

上がりますから試してみて下さい。

 

人は唐突に聞かれたり、言われたりすると

嫌悪感がでてきます。

優しく枕言葉をいれてあげると、良い展開に

なります。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

 

おすすめ営業のコツ 相槌

三連休の初日、娘達と買出しに行ってきた。

休日のためか混み合っている。

コロナ禍の中でもやはり、買い物は楽しいです

ね。 食品スーパーでも楽しめます😊

 

 

お客様のクレームのときのフレーズです。

 

お客様からのクレームは、ただひたすら謝って

もすまない時がありますよね。

あやまればあやまるほど怒りが増してくる💢

人もいます。

 

そんな時はぜひ使ってみてください。

 

少し悲しげに 「そうでしたか⤵️ 」と共感する。

 

単純に謝るよりも、効き目抜群です。

お客様は 聞いてもらいたいのです。

クレームの時こそ、傾聴してください。

営業マンの腕の見せ所です。

 

そして、お客様はどうして欲しいのか、

営業マンとしてできることと、できないことを

整理する事がたいせつです。

 

お客様はきっとわかってくれますよ。

 

まとめると

怒っている人をみたら、なぜそうなったか

どうしたいか、営業マンとしてできることは

何なのかを考えて下さい。

ピンチをチャンスに変えることができますよ

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

おすすめ営業のコツ 誘導の極意

業務スーパーに行ってきた。すごい量と安さが

売りです。

でも私が1番だと思うのは、お肉の鮮度です。

鶏肉を精肉してから1日で店頭へ届くのは

驚きだ。そして旨い😋。

どの層をターゲットにするか大切です。

 

 

営業ではお客様を誘導していくこと大切ですよね。

誘導する事で、お客様もそうされることに、

嫌悪感がないと判断できます。

 

例えば、フレーズはこうです。

 

「バリュー株とはマクドナルドやコカコーラなどであ○」

 

○に入る答えは  ですよね。

 

誰でも答えられます。 

これが誘導の極意です。

 

「お金は、あるのとないのでは...(5秒間をおく)

あるほうがいいですよね😊」

 

このフレーズはお客様との距離をグッと縮める

効果がありますが、その反面もあります。

早めにお客様の反応をみたいときに、あえて

使って行くのも有効ですよ。

 

使う場面、使い方はあなた次第です。

 

フレーズを使うのには,雰囲気などによって

使い分けたり、雰囲気を変えたりできるのが

すごいところです。

 

フレーズの使い方、発し方には正解はありません。

何回も使うことで、磨かれてきますよ。

 

最後まで読んで頂き感謝

 

 

 

 

おすすめ コロナ禍でのフレーズ

無人販売が急騰している

設備投資 人件費を掛けられないから苦肉の策

でやってみると 売り上げが2倍以上

餃子、焼き鳥、ケーキなどなど

コロナ禍でなければ積極的に生まれない発想です。

お客様は気軽だし、人に会わないし、低価格

 

ニューノーマルの、はしりですね。

 

今何がトレンドかアンテナ張っていきましょう

 

 

コロナ禍により何もかもがコロナが原因でダメ

なっている。

営業の商談や仕事の予定、旅行予約、遊びなど

簡単にコロナの為に約束が破られる。

しかしこれは仕方のない事なのかもしれない。

もはや、それが当たり前となっているし、

人の本質が出ている状況だと思う。

ある時は、コロナだからダメ

ある時は、コロナだけどokみたいに、

都合よく使われてしまいがちだ。

 

このポイントを抑えた上で、我々営業マンは

どうすれば良いか?!

 

お客様に選んでもらうフレーズを積極的に

さらに使うべきだと思う。

 

それは、簡単に言えば言いづらい事を営業マン

から発信すると言うことです。

 

例えば、

営業マン:「お伺いしてもいいですし、郵送で

資料送れます。 どちらにしますか?」

 

営業マン:「本日申し込みでも良いですし、

考えてからご連絡頂いても良いです。」

 

営業マン:「するしない別で、話を聞いて頂いても良いですし、ネットでも確認もできます。

どちらでも...」

 

すべてその後に「コロナ禍なので...」

 

と言う風にしてみて下さい。

 

7人のお客様にアプローチすると一人位は

良い方向返事をしてくれるお客様が必ずいます

よ。

 

最後まで読んで頂き感謝😊

 

おすすめ営業のコツ わからない時

TVでカプセルトイの特集をしていた。

おもしろさがすぐにわかるキャッチが大事と

言っている。

 

顔が見えない隠崎さん

インスタント麺のかやくのポーチなどなど

まだまだ世の中考えればそこら中に色んな

ヒットがあるのかもと思いました。

 

常にアンテナを張っている事が大切ですね。

 

営業の商談をしている時、お客様からの質問で

どうしてもわからない時が、ありますよね。

そんな時のフレーズです。

 

ただひとつその前に、お客様からの質問を

もう一度、聞き直してあげましょう。

そのお客様の質問の意味をしっかりとヒヤリン

グする事が大切です。

 

 

 

例えば、

お客様:相続の時はどんな手続きが必要なの?

 

営業マン:相続と言いますと?

 

お客様:実は友人から相続はたいへんよみたいな

話を聞いて

 

とか

 

 

お客様:支払いの時期はいつなの?

 

営業マン:といいますと?

 

お客様:ボーナスの時とか支払えるかな?と

 

などなど

 

質問の深堀をする事ができます。

お客様の考えを読む事ができます。

 

但し 何回もこのフレーズは使うのはご法度です。お客様を不快にさせる場合があります。

 

使いやすいのでぜひ今日から使って下さいね。

 

最後まで読んで頂き感謝😊